雨漏り修繕・改修リフォーム施工手順

雨漏りの原因は屋根ばかりではなく、考えにくい処から漏るケースもあり、原因を突き止めるのに時間がかかる場合が多いです。一旦、漏り始めるとそこに水道がついて、同じところが漏るようになりダメージが大きくなります。
なんといっても早期発見、早期治療が鉄則です。

静岡市清水区 A様邸 和瓦棟違いの箇所が原因

雨漏りリフォーム
天井裏に上がって水道発見!
雨漏りリフォーム
屋根の棟違いの処から
雨漏りリフォーム
老朽化が原因
雨漏りリフォーム
棟瓦を外して
雨漏りリフォーム
平瓦を外すと
雨漏りリフォーム
単板・防水紙が傷んでいた
雨漏りリフォーム
防水処理を施し
雨漏りリフォーム
原状復帰
雨漏りリフォーム
屋根専用の南蛮漆喰
雨漏りリフォーム
のし瓦を積んで
雨漏りリフォーム
重なり部も水が入らないように
雨漏りリフォーム
冠瓦を乗せてしっかり固定

とくに入り組んだ屋根は定期的にチェックすると安心ですね。

静岡市葵区 F様邸 二階窓の雨戸の敷居が雨漏りの原因

雨漏りリフォーム
雨水が入りそうな箇所にコーキング処理は

あったが・・・

雨漏りリフォーム
雨戸の戸車が傷んでいて敷居が傷んでいた。
雨漏りリフォーム
敷居のトタンを剥がすと下地の傷みも激しかった。
雨漏りリフォーム
戸箱の口板辺りも雨水の侵入痕
雨漏りリフォーム
雨戸敷居を撤去
雨漏りリフォーム
防水紙コーキングで下地処理
雨漏りリフォーム 雨漏りリフォーム 雨漏りリフォーム

新しい断熱雨戸に変えて安心スッキリ!

静岡市葵区 M様邸 ベランダとの境が雨漏りの原因

雨漏りリフォーム
鋼板で水の浸入を抑えたが・・・。
雨漏りリフォーム
ベランダと居室の段差が少ない
雨漏りリフォーム
長い間に下地が傷んでくる。
雨漏りリフォーム
防水処理を施し下地取り付け
雨漏りリフォーム
鋼板取り付け前もさらに防水処理
雨漏りリフォーム
水が侵入しそうな箇所は念入に
雨漏りリフォーム 雨漏りリフォーム 雨漏りリフォーム

防水加工もだいぶ進歩してきましたが定期的なチェックを入れると安心ですね。